最新情報

引退選手のお知らせ 12/15

アンジュヴィオレ広島 背番号9番 斉藤礼佳選手、背番号16番 田中幸奈選手、背番号19番 松山夢選手が現役を引退し、今シーズン(12月末)をもちましてアンジュヴィオレ広島を退団することになりましたのでお知らせいたします。


■斉藤 礼佳
コメント:
いつも、アンジュヴィオレ広島を応援していただき本当にありがとうござます。
今シーズンをもって引退することを決断しました。

まずは、ファン、サポーターの皆様、スポンサーの皆様、雇用先の皆様、チーム関係者様、
私に携わってくださった全ての方々に感謝の気持ちでいっぱいです。
あっという間の3年間でしたが、このチームで戦えたことを大変嬉しく思います。
本当にありがとうございました。

そして、いつどんな時でも味方でいてくれてずっと応援し続けてくれた家族には本当に感謝しています。
ありがとう。
今後ともアンジュヴィオレ広島の応援をよろしくお願いします。

———————————–


■田中 幸奈
コメント:
いつもアンジュヴィオレ広島を支えてくださっているスポンサーの皆様、ファン・サポーターの皆様、仕事でお世話になったヒロテックの皆様、関係者の皆様。本当にありがとうございます。
今シーズン限りで現役を引退する決断を致しました。
サッカーを始めて20年。友達に誘ってもらって始めたサッカーですが、サッカーの楽しさにのめり込み、気がつけば小学生の卒業文集で書いた将来の夢は、『サッカー選手になる!』でした。
ゴールキーパーというポジション柄、どうしても身長が欠点と言われ続けてきました。
しかし私がこれまで出会ってきた指導者の方々は、私の良さを引き出す事・伸ばす事に力を注いでくれました。この身長でもできるんだ!そしてゴールキーパーって楽しいんだ!と、少しでも多くの子どもたちが、夢や希望を持ってくれる一つのきっかけになったら嬉しいなと思いますし、今後ゴールキーパーの魅力・楽しさを多くの子どもたちに伝えていきたいと思っています。

改めて、大好きなサッカーをこれまで続けてこれたのも、私1人の力だけでなく、出会った全ての指導者、サッカー関係者、仲間、どんな時も味方でいてくれた両親・家族のおかげだと、心から感謝の気持ちでいっぱいです。
ラストシーズンを地元広島でプレーでき、多くの方に応援してもらって、私は本当に幸せ者です。
一つ心残りがあるとすれば、昨年・今年と新型コロナウイルスの影響で自身の応援チャントをスタジアムで聞けなかった事です。
私の大好きで憧れでもある、西川周作選手と同じチャントで作ってくださった事、アンジュヴィオレ広島の1年目、初めてスタジアムで聞いた時、最高に嬉しかったことは今でも鮮明に覚えています。

これからは一社会人として成長できるよう、より一層努力していきたいと思います。
ではまたどこかでお会いましょう!
ありがとうございました。

———————————–

■松山 夢
コメント:
日頃より、アンジュヴィオレを応援してくださっている方々、スポンサーの方々いつもありがとうございます。
今シーズンをもちまして現役を引退することを決断しました。
入団当初は、初めての広島で不安なことだらけでしたが、たくさんの方々に助けていただきました。
チームの勝敗に関わらず、ずっと応援してくださったアンジュファミリーのみなさんにも元気をもらってばかりでした。
こんなに地域の皆様に愛されているチームに入れたことに嬉しく思います。
これからは17年続けてたサッカーとは離れますが、サッカーから学んだことを活かしていきたいと思います。2年間ありがとうございました。

このページの先頭へ